スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イベントハンドラとは





イベントというと、お祭りとかスポーツ大会のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、Webにおけるイベントはユーザーが行った操作のことです。

よく使うのは、アンケートなどのフォームがクリックされたときです。ユーザーがクリックしたらどういう処理をするか考え、プログラマはプログラムを記述します。

ユーザーが何も操作していないような状態でも、たいていはイベントが発生しています。

たとえば、Webページを読み込んだだけでも、load というイベントが発生しています。マウスをクリックしなくても、ある領域にカーソルを移動させるだけで mouseover というイベントが発生します。

イベントが発生していても通常は何も起こらないのは、そのイベントに応じた処理を作っていないからです。

JavaScriptでは様々なイベント処理をすることができ、これをイベントハンドラといいます。

イベントハンドラの記述方法は、HTMLタグの中に記述して使います。

イベントハンドラは、HTMLタグの中に手軽に埋め込むことができます。

<タグ イベントハンドラ = "処理"

"処理" のかっこ" " はなくても動作しますが、きちんとつけたほうが安全だとは思います。

例として、ページを読み込んだら「Hello」というダイアログを表示してみます。

<html>

<head> <title> </title>

</head>

<body onload="alert('Hello')">

</body>

</html>


ページ読み込み時のイベントハンドラは onload で、これをbodyタグの中に埋め込みます。

処理は alert('Hello') と簡単なので直接記述しましたが、関数を定義して関数を埋め込むほうが多いです。

<html>

<head>

<script type="text/javascript">
<!--

function hello(){
alert("Hello");
}

-->
</script>


</head>

<body onload="hello()">

</body>

</html>


処理が長いときは、関数を埋め込んだほうがすっきりした記述になります。


関連記事

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://javascriptmania.blog111.fc2.com/tb.php/53-075655ba
  • 閉じるボタン
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。