スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

郵便番号の入力チェック

  • Posted by: javascriptmania
  • 2011-04-09 Sat 13:46:15
  • 正規表現




郵便番号の入力条件を以下のように設定します。

  • 123-4567 のような、数字3ケタと数字4ケタの組み合わせとする。
  • 1123-4567 や 123-45678 のような、合計7ケタを超える入力をはじく。
  • ハイフンのない、1234567 のような入力でも可とする。



フォームを作って上の入力チェックを行ってみましょう。


<html>

<head>

<script type="text/javascript">
<!--

function postcheck(){

if(document.postform.posttext.value.match(/^\d{3}(\s*|-)\d{4}$/)){
alert("正しい形式の郵便番号です。");
}else{
alert("正しくない形式の郵便番号です。");
}
}

// -->
</script>

</head>

<body>

<form name="postform">
郵便番号を入力してください。<input type="text" name="posttext">

<hr />

<input type="button" value="チェック" onclick="postcheck()">
</form>

</body>

</html>


「\d」は数値を表します。
  [0-9]
と書いても同じです。

「{3}」は、3ケタという意味です。これで桁数の指定ができます。

「\s*|-」は、「1234567」、「123 4567」、「123-4567」のどの書き方でもOKにするための記述です。

「^」は文字列の始点を、「$」は文字列の終点を表します。 「^」があることで、「1234-5678」のような記述をはじくことができ、「$」があることで、「123-45678」のような記述をはじくことができます。
関連記事

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://javascriptmania.blog111.fc2.com/tb.php/13-e4a504dc
  • 閉じるボタン
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。